↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ

←前へ] [次へ→


※あゆ&真琴SS
※Kanonの設定をかなり壊したアナザーストーリーです。
※登場人物の設定はかなり原作と異なつてゐます。
※祐一はあゆの身体に入つてゐて外見はあゆです。場面を想像するときはご注意ください。
※真琴は何故か男の子です。でも外見はKanonの真琴そのもので、好んで女装してます。

KanonSS

おかしな恋の物語

  第17話 1月11日(月)昼

by 海原玲(UMIHARA Akira)

「あ、痛たたた」

 背中をぶつけて唸っていると、俺と一緒に階段を落ちた方の先輩が俺に心配そうに声をかけてきた。

「あの。ご、ごめんなさい。大丈夫ですか」
「あ、ああ。そっちこそ大丈夫か?」
「佐祐理っ。大丈夫?」

 長い黒髪の少女が、慌てて俺たちに駆け寄ってくる。
 さっき真琴のことを「一弥」と呼んだこの女性はどうやら佐祐理というらしい。

「あ、舞。わたしは大丈夫、平気だか…うっ」

 階段落ちの少女――佐祐理先輩は、立ち上がろうとしたが、途中でうめき声をあげて座り込む。

「佐祐理、足を痛めたの?」
「う、うん。ちょっとひねっちゃったみたい…」
「うーん。あ、そこの少年!」

 佐祐理さんの様子を心配そうに覗き込んでいた少女が、キッと顔をあげると俺を指さしながら呼びかけて来た。

「え? 俺か?」
「愚図愚図してないでっ。ほら、佐祐理に肩を貸してあげる」
「えっ?」
「だから佐祐理を保健室に連れていくのっ。男なら困ってる女の子がいたら率先して助けるくらいの気概を持たなきゃね」
「え、あ、わ、判った」

 怒濤の迫力で紡ぎ出される言葉に俺はつい頷いてしまう。

「舞、わたしは平気だから、それより一弥を……」

 ふたりは、俺をそっちのけで会話を続ける。もうひとりの少女は舞という名前らしい。

「判った。一坊かずぼうは私が探しにいくから」

 そう言い残して、舞という先輩は階下へ向かう。

「キミ、佐祐理のことはまかせたからねっ!」

 そう言い残して少女は階段を駆け降りていった

「え、えーっと」

 状況についていけない俺は、困惑の表情で佐祐理先輩を見る。

「あの、わたしは大丈夫だから気にしなくていいですよ…。保健室も、ひとりで行けますから」」
「い、いや。そんなことを云われて『はい、そうですか』と放っておけるわけないよ」
「いえ、平気ですから」
「いいって…」

 肩を貸そうとしてふと躊躇する。
 平地を歩くならともかく、痛めた足でこの階段を降りるのは肩を貸したとしても辛い…というか、却ってバランスが取りにくくて負担になるんじゃないか…。

「あ、あの?」

 戸惑いの声をあげている佐祐理さん。
 俺は『よし』と決心すると、背中と脚に手を掛けて強引に佐祐理さんを抱えあげた。いわゆるお姫様だっこの体勢だ。

 ぐ、ぐぐっ。
 今の俺の身体はあゆの身体だ。女の子としても小柄な部類に入る。
 なんとか背を伸ばしたくて牛乳も一杯飲んでるけど、体質なのか中学の頃から身長はあまりのびてない。
 この小さな身体では、ハッキリ云って、お姫様だっこはキツイ。
 だが、俺も男だ…少なくとも精神は男だ。
 いまさら意地でも弱音は吐けぬ。

「くはぁっ。か、火事場のク…莫迦力っっ」

 クソ力…と云いかけて、慌てて云いなおした。
 見るからにお嬢様っぽいこの人にそんな下品な言葉を聞かせたくない。

「あ、あ、あ、あのぉ。こ、こんなの、は、恥ずかしいですっ」
「いいからっ……怪我人はっ……おとなしくっ……従うっ」

 俺は間違っても佐祐理さんを落としたりしないよう注意しつつ、気力を振り絞って階段を降りていく……。

「お、降ろしてくださいっ。ほ、ホントに恥ずかしいんですよー」
「うわっ。あ、暴れるとバランスがっ、危ないからおとなしくしててくださいっ」

 通りすがりの生徒たちが何事かと俺たちに注目している。
 ハッキリ云って俺も凄く恥ずかしい。

 ………。
 ……。










(うぐぅ…。祐一君どこに行ったのかなぁ)
(完全に見失っちゃったね〜)

 そんなことを話しながら美汐ちゃんとふたりで祐一君を捜して校内を捜し回る。
 突然駆け出してしまった祐一君に呆然としているうちに教室に取り残されちゃったのは大失敗だったよ。

 本来、霊体であるボクたちは人を尾行するのには有利な身体だ。
 壁抜け、空中浮遊も自由自在だから物理的障壁なんか無視して直線距離を進めるし…。
 だから普通に考えれば誰かを追いかけて簡単に見失うことなどない…はずなんだけど。

 でも、こんな風に、一旦相手を見失ってしまうと、道行く人に聞き込みをするといった普通の人なら簡単に出来るワザも使えないので逆に人探しは難しくなる。

(酷いよね、祐一君ってばボクたちを放ってまこちゃんとどっかいっちゃうんだから)

 その時、ちょうど目の前の階段をツインテールの女の子(?)が駆け降りていった。
 ちらっと見ただけだけど、今のは、確かにまこちゃんだった。

(み、美汐ちゃん。お、追いかけるよ)
(うんっ)


 一階まで一気に駆け降りたまこちゃんは、そのまま校舎を駆け抜けて行く。

(まこちゃん、どうしたんだろう)

 しばらく走っていたまこちゃんは、ドアの並んだ一角に辿り着いた。そして、あたりをキョロキョロと見回したあと、近くにあったドアを開けてその中ヘ入っていった。

(ねぇ、美汐ちゃん。あそこって何の部屋?)
(う〜ん。このあたりは部室棟だから多分どこかの部の部室だと思うけど…)

 ボクたちは、ドアの前に来てみた。
 見ると、ドアの前に掲げてあるプレートには『呪い部』と書かれていた。

(う、うぐぅ〜〜〜〜っ! の、のろい部〜〜〜っ!?)
(あ、あゆあゆってば、どこ行くの〜〜〜っ?)
(こ、怖いよぉ〜〜〜っ!)

 ボクは美汐ちゃんもまこちゃんも放って逃げ出した。

(あゆあゆってば、待ってよぉ〜〜っ)

 の、呪い部だなんて…。何て部があるんだよ。
 お、恐ろしい学校だよここは〜〜っ!!










 あたしは、パニックして校舎の中を走り回ったあげくに、とにかくどこかに隠れなきゃという想いのまま適当なドアを見つけてその中に飛び込んだ。
 そのままペタンと床に座り込むと、乱れた呼吸を整える。

 ビックリした。
 本当にビックリしたよぅ。
 こんなとこでいきなり佐祐理お姉ちゃんと逢うなんて思わなかった…。

 ……お姉ちゃん、心配してたよね。
 でも……駄目だよぅ。
 どんな顔して会ったらいいのかわかんないよぅ。

 お姉ちゃんはやさしくしてくれるけど……。
 でも……違うの。
 駄目なの…。
 ずっと何か違うって感じてたけど…。
 あたしはお姉ちゃんの一弥じゃないの……。

「あの……。もしかして入部希望の方ですか?」
「あぅっ!?」

 部屋の奥からかけられた声にあたしはビックリして飛び上がる。
 今まで気付かなかったけど、この部屋には先客がいたみたい。
 見ると、ショートカットの可愛い女の子が、アイスクリームのカップを片手にこちらを見つめていた。

「あれ? あなたは…」

 えっと…この子。どこかで見たような気がするけど…。

「わ、お久し振りですね」
「あぅ?」
「えっと、覚えていませんか? 前に公園でぶつかって…」
「あぅっ」

 あーっ。そういえば、あのときスケッチブックをくれた親切な子。

「あっ、そういえば、言葉が喋れないんでしたね。ちょっと待ってください」

 その子は、そういって席を立つと、奥の棚の方へ向かった。
 あたりを見回してみると、ここはかなり怪しい部屋だった。
 よく判らない文字の書かれた御札とか、魔方陣みたいなものとか、正体もハッキリ判らないような生き物を象った人形だとか、怪しげな本だとか、そんなものが部屋中に溢れかえってる。
 あぅーっ。あたし、とんでもない部屋に入ってしまったのかも……。

「えーっと、これ使ってください」

 棚の方から戻って来た女の子が、あたしにノートとペンを差し出した。
 わざわざ捜してくれたんだ。
 えっと、こういうときはやっぱり御礼いうべきよね。
 カキカキ

『ありがとうなの』
「いえいえ、どういたしまして」

「そういえば名前も名乗ってませんでしたね。私は美坂栞です。字はこうです」

 そう云って、その子はノートに名前を書いてくれた。
 あたしもその横に自分の名前を書く。

『沢渡真琴なの』

「さわわたりまこと…さんですか?」

 うっ…えっとえっと。
 慌てて平仮名で書き直す。

『さわたり まこと』
「あ、さわたりって読むんですね」

 栞ちゃんの言葉に、うんうん、と頷くことで返事をする。

 そう。これがあたしの本当の名前…。多分これで合ってる。

 あたしには小さい頃の記憶は全くない。
 佐祐理お姉ちゃんは、よく記憶をなくす前のあたしの話をしてくれたけど、何度訊いてもそれが自分のことだとは思えなかった。
 だからあたしはきっと本当の一弥じゃない。
 いつの頃からかそう確信するようになっていた。
 そう、あたしは倉田一弥なんかじゃない。

 そして、あゆと祐一に逢って…確信は深まった。
 昔、あたしはあゆや祐一と逢ってる。これは確か。絶対に間違いない。
 そして、そのときは一弥と呼ばれてはいなかった。
 なんとか失った記憶を取り戻そうと頑張って…そして思い出した名前が沢渡真琴。たしかに『マコト』と呼ばれていた記憶がある。
 だからあたしは沢渡真琴。倉田一弥なんかじゃない。

 そう考えたところで、佐祐理お姉ちゃんの悲しそうな顔が頭に浮かぶ。
 あたしは一弥じゃない。
 一度そう主張したとき、お姉ちゃんは物凄く悲しそうな顔をした。
 お姉ちゃんはとてもやさしい。
 いつもあたしのことを考えてくれる。
 あたしにやさしくしてくれる。
 だけど…。
 だからこそ、お姉ちゃんは苦手。
 あたしがあたしらしくいようとすると、お姉ちゃんを哀しませてしまう。
 お姉ちゃんの負担になってしまう。
 だからあたしは家を出て…。
 でもそれでまたあたしはお姉ちゃんを悲しませてる…。
 あたしは…どうしたらいいんだろう。

「それにしても、同じ学校で、しかも上級生だったんですね」

 え?
 考えにふけってたあたしは、かけられた言葉に反応できなくてキョトンとする。
 えっと、上級生って…?
 あぅ…。あたし、この子からしたら年上に見えるのかな?
(作者注:違います。真琴が2年の制服を着てるからです)

 そのとき、背後でドアがガチャリと開いて誰か入ってくる気配がした。
 あたしは慌てて栞ちゃんの背後に隠れる。
 入って来たのは、ウェーブのついたロングヘアーの大人っぽい女生徒。手には何かプラスチックの板らしきものを手に持っている。

「まったく、このプレート、ちゃんと修理しないと…。また『呪い部』になっちゃってたわよ」

 ノロイブ…って何?

「お姉ちゃんってば遅いです」
「ごめんね栞、教室を出ようとしたらちょっとした騒ぎがあって…」
「早くこないから折角のお弁当、冷めちゃいました」
「ごめんなさい…って、そんな訳ないでしょ」

 と、そこでその人はあたしに気付いた。

「あら、あなた誰?」

 えと、あの、その…。

「この人は沢渡真琴さんっていって、入部希望者です」
「あら、そうなの」

 入部希望者…って、いつの間にそんな話になったのよ。
 あたしはブンブンと首を振る。

「沢渡さんっていったわね」
「あぅ…」
「おまじない部へようこそ。歓迎するわっ」

 その人は目を輝かせながら、あたしの手をとりブンブンと上下にふる。
 あぅーっ。だから違うのーっ。


(続きます)


 ども、作者です。

「アシスタントのあゆだよつ」

 さて、この佐祐理さんと舞。また読者が違和感バリバリだらうなあ。
 えーと、このお話では佐祐理さんの一人称は「佐祐理」ではなく「わたし」です。また舞は『まい』のまゝ大きくなった舞なので、無口無表情ではありません。これは仕様ですのでご了承ください。

「うぐう、原作と設定違ひ過ぎだよ」

 うむむ、やはり設定解説ページでも作つてまとめた方がいいかなあ。
 読者の要望があれば考えてみることにするか。

「それにしてもこの話、タイトルに反して全然『恋の物語』にならないね」

 ぐあ…。
 うむむ、本来の真琴シナリオからして、祐一が真琴を恋愛対象(?)として意識するのが終盤も終盤だからなあ……。
 俺としても早く恋の物語にしたいんだけど…、いまのところ祐一も真琴もお互いを意識する以前の段階だし。当分は看板に偽り有りな状態が続きさうだ。あはははは…。

「笑つてごまかさないでよつ」

 うぐう…。

「ところで、『お呪い部』つて何?」

 いやその…。
 実はおとぎ話シリーズの方で、いつか香里の部活ネタを使はうと設定だけしてた没ネタの再利用リサイクルだつたりして。
 あつちのシリーズ(「海水浴へGO」&「おとぎ話なんて嫌いです」)は連載がストップしてて、当分使ふ予定が立たないので、こちらで使つてみた。

「ちやんと、あつちの連載も書かなきや駄目だよつ」

 ぐはあ…。ど、努力はする。

「努力だけ?」

 いやその。えつと、それではまた次回お逢ひしませう。

「もしかして誤魔化してる?」

 き、気のせゐだ…。

(初出:2002/06/09 こゝ)


↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ

←前へ] [次へ→


掲示板に感想など頂けると嬉しいです→掲示板へ

Valid XHTML 1.1! この文書はテストを兼ねてXHTML1.1で記述してみました。

もしも、この文書の表示がおかしくなる場合には、お使いのブラウザの種別や使用OSを掲示板にてご報告ください。

このページの参照回数カウンター

Copyright (C) 2001 海原玲(UMIHARA Akira)