↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ

←前へ] [次へ→


※あゆ&真琴SS
※Kanonの設定をかなり壊したアナザーストーリーです。
※登場人物の設定はかなり原作と異なつてゐます。
※祐一はあゆの身体に入つてゐて外見はあゆです。場面を想像するときはご注意ください。
※真琴は何故か男の子です。でも外見はKanonの真琴そのもので、好んで女装してます。

『朝〜、朝だよ〜、朝ご飯食べて学校行くよ〜。朝〜、朝だよ〜』

 カチリ

 手を伸ばして目覚ましを止める。

「…この眠くなる目覚ましで起きられる自分は凄いと思う」
(祐一君、誰に向かって解説してるの?)
「気にするな」
(うぐぅ…)



KanonSS

おかしな恋の物語

  第16話 1月11日(月)朝

by 海原玲(UMIHARA Akira)

 素早く着替えて部屋を出ると、妙に上機嫌な真琴が現れた。

『おはようなの』
「あ、お、おはよう」
(おはよう。まこちゃん)

 毎日何かしら騒ぎを起こされているせいで、何か企んでいるんじゃないかと身構えてしまう。
 しかし真琴は挨拶をすませるとサッサと階下へ降りて行った。

(どうしたの祐一君)
「いや、真琴の奴、なんか妙に機嫌がいいな。何かあったのか?」
(うーんと、きっと昨日お出かけして服を買ってもらったからじゃないかな)
「なるほど、そういうことか」
(きっとそうだよ)
「まあ、機嫌がいいのはいいことだ。昨夜ゆうべは悪戯もやってこなかったし」

 階下へ降りようとした俺をあゆが呼び止める。

(祐一君。名雪さん、起こさなくていいの)
「おっと、忘れるとこだった」
 ………。
 ……。

 折角何のトラブルもない朝だったというのに、名雪を起こし、半分眠りながら食事している名雪を待ってたりしたら、結局、今日もギリギリの時間になっていた。

「ほら、早くしろ」
「待ってっ、待ってっ…」

 名雪は、靴の爪先をトントンと鳴らしながら、玄関先でまごついている。

「今の時間は?」
「えっと、8時16分」

 なんか、日に日に残り時間が短くなっていくような予感がする。

「走るぞ名雪」
「あ、待って!」
「どうした?」
「回覧板まわさないと」

 くるくるくる

「ほらまわしてやったぞ」
「それ、違うと思う」
「ギャグやってる場合じゃない。急ぐぞ」
「ギャグやってるのは祐ちゃんだよー」

 トロトロ返事をする名雪を放って、俺は走りだす。

「わっ、待ってよ〜っ」







 そして授業も進み4時間目、相変わらず退屈な授業が続いている。

(あのね〜、あの先生ね〜。真面目そうな顔して、昔教え子に手を出しちゃったことがあるんだよ〜)
(え、本当なの?)
(本当だよ〜。それでその手を出しちゃった相手が今の奥さんなんだって。卒業と同時に出来ちゃった結婚してね〜…)

 何故かうちの教室に遊びに来た天野が俺のすぐ横であゆとお喋りをしている。
 ふたりとも普通の人には姿が見えないからって授業中堂々とお喋りしやがって。
 お蔭でふたりの声が聞こえてる俺は授業に集中できない。

 いい加減文句を云おうとしたところで、後ろの席の北川から、つんつんと背中をつつかれた。

「何だよ。授業中だぞ…」
「…人がいる」
「人くらいいるだろ。学校なんだから」
「いや、そうじゃなくて」
「?」
「外に人がいるんだけど…なんか様子が変なんだ」

 そう言って、窓の下を指さす。
 言われた通り、窓越しに下の方を見てみる。
 窓の向こう側。そこは、ちょうど校舎の裏に当たる場所だった。
 遠目でよくわからないが、うちの学校の制服を着た女生徒がひとり、キョロキョロとあたりを見回している。

「あの子、さっきからずっとあの場所にいるんだ」

 不意に、授業の終了を知らせるチャイムが鳴った。
 その音に気付いたのか、少女が校舎を見上げる。

「……真琴ッ?」

 ちらっと見えただけなので確信はできないが、あの顔は真琴のようだった。
 いや待て、何で真琴がうちの制服を着ているんだ?
 よく似た別人かもしれない…。

「えー、この部分はテストに出るので覚えておくように」
 その言葉で授業も終り、先生は教室を出て行った。

(どうしたの、祐一君)

 まだ窓の外の少女を見つめている俺に、あゆが話しかけて来た。
 そうだ。あゆならあいつが本当に真琴かどうか確認できる。

「あゆ、あそこ見てみろ。女の子がいるだろ」
(うん、いるけど)
「あれ、もしかして真琴じゃないか」
(え? まこちゃん?)
「ああ」
(遠くてよくわからないけど、そういわれればそうかも)
「あいつが本当に真琴なら、お前の姿が見えるはずだろ。あいつが真琴かどうか確認してきてくれないか」
(うん。いいよ)
(誰なの、まこちゃんって?)

 天野が会話に割り込んでくる。

「お前には関係ない」
「は? 突然そんなこと云われても…」

 天野に向かって行った言葉だったが、ちょうどそこにいた北川が自分に言われた言葉と勘違いして返事をしてきた。

「いや、お前に云ったんじゃない」
「じゃ誰に云ったんだ」
「ここにいる浮遊霊2匹にだ」
「浮遊霊? あ、そういや初めて会ったとき、お前、霊が見えるとか云ってたな。ここにもいるのか?」
「ああ、居るんだ。2匹ほど、騒々しい霊ポルターガイストが」
(うぐぅ…騒霊現象ポルターガイストなんて起こしてないもん)
(2匹っていいかたはひどいよ〜)
「あー、いいからあゆ、さっさと行ってこい」

 俺はふたりの文句は無視してあゆに命令する。

(ほら、美汐ちゃん、行こ)
(う〜。ゆうゆうってばひどいよ〜)
(しょうがないよ。祐一君ってこういう人だから)
(む〜っ)
「もし真琴だったらここに連れてきてくれ」
(うん。判ったよっ)

 あゆと天野は、窓をすり抜けて外へ出ていく。









 ボクと美汐ちゃんは祐一君に云われて、中庭に立つ女の子のところへ向かった。
 窓をすり抜けると、ふわふわと地上へ降りていく。
 近づくボクに気付いて女の子がこっちを見た。

(あっ、やっぱりまこちゃんだ)
「あぅ?」
(こんなとこで何してるの?)
「あぅ…」

 まこちゃんは、抱えていたスケッチブックを開くと、かきかきとマジックで返事を書き始めた。

『ゆーいちにあいにきたの』
『でも教室がわからなくて困ってたの』

(このコあゆあゆの知り合いなの?)
 まこちゃんと話をしていたら、美汐ちゃんが話しかけてきた。
(うん、そうだよ)
『あなたは誰なの?』

 まこちゃんが美汐ちゃんに問いかける。

(あのね、このコは美汐ちゃんっていって…)
(えっと、あなた美汐のこと見えるのかな?)

 うんっ。

(嬉しいな。美汐のこと見えるんだ。美汐はね、天野美汐っていうのよろしくね)
『みしおちゃん?』
(うん。そうだよ〜。よろしくね〜)
『よろしくなの』






「ねえ祐ちゃん、お昼ご飯どうするの?」

 あゆの帰りを待っていると、名雪が話しかけて来た。
 …そういえば、今日からは午後まで授業がある。
 ここで昼食を取るのは初めてだから誰かと一緒に食べたかったが…、確認結果を待たなければいけないしな。

「…名雪はどうするんだ」
「今日はお弁当持って来てないから学食だよ」
「俺はちょっと用事があるから、後で食べに行くよ」
「祐ちゃん、学食とか購買の場所わかる?」
「こないだ北川に案内してもらったから場所は知ってる。大丈夫だ」
「ひとりで食べるのは寂しいだろ。少しぐらいならオレも待っててやるぞ」
「わたしも待ってるよ」
「そうか、悪いな」

(ゆうゆう〜っ)
「わっ」

 いきなり天野の生首が床をすり抜けて足元に飛びだして来た。

「ど、どうした相沢」
「びっくりしたよー」
「い、いや。ちょっとな…」

 いきなり俺が大声を出したもんだから、名雪と北川が驚いている。

(あのね〜、さっきのコねえ、真琴ちゃんってコに間違いないって)

 そう云いながら天野はするすると床をすり抜け、俺の前に全身を顕した。

(今あゆあゆが案内してるからもうすぐここに来るよ)
「そ、そうか」
(あの子もお話出来る子なんだね〜。美汐の姿も見えてたよ〜)
「そうなのか?」

 まあ、あゆの姿が見えるのなら、天野の姿も見えておかしくはないが…。

 そんなことを考えていると、ドタドタと足音が近づいてきた。

「あ、あぅ〜〜〜〜〜っ」

 ガラッと戸を開け、うちの制服に身を包んだ真琴が、俺に向かって駆け寄って来る。
 俺は思わずサッと避けた。

 ドタガラドシャ〜〜〜ン。

 真琴は、背後の机に突っ込んだまま動かない。

 シーンと静まり返る教室。

「え、えっと…」

 ピクリともしない真琴。
 名雪や北川はジト目で俺を睨みつけている。
 …というか、教室に残ってた生徒みんなが俺たちを注目している。

「だ、大丈夫か…真琴?」
「……」

 全く動かない。

「えっと…今のは俺が全面的に悪い、かもしれない」
「……」

 返事がない。

「もしかして…全然痛くもかゆくもなかったとか?」

 がばっと振り返ると、手にしていたスケッチブックで、バシバシバシと俺を殴る。

「あ、あぅ〜〜〜〜っ」
「…悪い、つい条件反射で」

 なんだか教室中の視線が痛い。

「え、えっと…。ば、場所を換えよう。ほら、ついて来い」
「あぅ〜〜っ」

 俺は、いまだ泣きべそをかいている真琴の手を引いて教室を飛びだした。

「あ、おい相沢っ」
「祐ちゃんっ」

 俺を呼び止める声が聞こえたが、無視して走る。
 通りかかる人は、みな何事かと俺たちを見る。

 まあ、えぐえぐとしゃくりあげる女の子の手を引きながら走っている男子生徒が注目を集めないはずもないか。

 これはまずい。一旦人気ひとけのないところへ身を隠そう。
 どこへ行くべきか…。
 少し考えたあと、俺は屋上を選択した。
 今の季節に屋上へ出ていく物好きはいないだろう。

 俺は階段に向かうとそのまま上へと駆け昇った。
 息を切らして四階からさらに階段を昇ったところで、俺は思わぬ光景に足を止めた。

 屋上に続く踊り場にビニールシートをしき、ふたりで昼食をとっている女生徒たちがいたのだ。
 ひとりは、淡い色の髪の、やわらかな雰囲気の少女。もうひとりは、黒髪の凛とした雰囲気の少女。タイプは違うが、どちらもかなりの美人である。
 リボンの色からふたりとも3年生だと判る。

 ふたりは、茫然と俺たちを見ている。

「あー…えっと。悪い。食事の邪魔しちゃったみたいだな」

 そう話しかけたところで、尋常じゃない雰囲気に気付く…。
 ふたりとも、俺のことなど目に入っていない。
 見ているのは…。

「か、一弥…」

「え?」

「一弥、一弥よね…」
「あ…あぅ…」

 やわらかな雰囲気の方の少女が、真琴に向かって話しかける。

「お姉ちゃん心配してたんだよ。いきなり家出して、どこでどうしてるのか」
「あ…あぅっ…」
「今までどうしてたの。どこにいたの?」

 真琴は怯えたようにふるふると首をふる。

「ねえ、一弥…」

 少女が立ちあがり、一歩二歩と真琴に近寄る。
 俺は何が起こってるのか理解できなかった。

 いったいこの人は誰なんだ?
 一弥って?
 こいつの名前は真琴じゃなかったのか?

「あぅ〜っ!!」

 あと一歩…というところで、真琴は少女が差し出した手を払いのけ、階段を駆け降りていった。

「あ、待って…」

 慌てて追いかけようとした少女が階段から足を踏み外してよろける。

「危ないっ」

 俺はとっさに少女を支えようとした。
 しかし、小柄で非力なこの身体では少女を支えきれなかった。

「うわっ」
「きゃーーーっ!」

 そのままふたりもつれあうようにして、階段を転げ落ちた。
 ぐるぐると回転する視界。
 最後にガツンと背中をぶつけて、回転が止まった。

「…っつ、痛たたた」

 大したダメージではないがあちこちぶつけて身体が痛い。

「あ…。ご、ごめんなさい」


「…佐祐理っ!」

 涙でゆがむ視界に、さっきから黙っていたもうひとりの少女が駆け寄ってくる姿が映った。

(続きます)


 ども、作者です。

「アシスタントのあゆだよつ」

 今回、真琴が着てる制服は、第7話で祐一が着るのを拒否した女子制服です。その後、第8話にて、秋子さんが真琴に女子制服を着せてみて「折角だから、あなたも祐ちやんたちと一緒に学校に行く」とかいふ会話をしてたのを覚へてるでせうか?

「相変はらずだね。さういふ誰も覚えてないやうな昔の伏線使ふ癖は…」

 忘れた頃に使ふ伏線こそ俺のSSの持ち味さつ(開き直り)。
 さあて、やつと上級生コンビを出せました。
 ところで真琴イコール一弥といふ展開を予測出来てた人はゐるでせうか。

「こんな変な展開、予想出来る人なんていないよ」

 でもKanonキャラで、年下の男の子、しかも言葉が喋れないなんて該当するのは一弥しかいないだろ。

「これだけ設定を壊してたら、誰もそんな推理出来るわけないよつ」

 うぐう…。

「だけど、この話では真琴イコール一弥つてことなら、真琴は妖狐ぢやないわけ?」

 そこら辺はネタバレになるから詳しくは云へないけど、妖狐とも無関係ではない…とだけ云つておかう。

「実は、ちやんと考へてないとか」

 ち、ち、ち、違ふぞ。一応考へてあるぞ。
 まだ流動的な部分が少しあるだけだ。

「ちやんとこの話まとまるの?」

 努力はする…。
 で、ではでは、また次回お逢ひしませう。

(初出:2002/05/30 こゝ)


↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ

←前へ] [次へ→


掲示板に感想など頂けると嬉しいです→掲示板へ

Valid XHTML 1.1! この文書はテストを兼ねてXHTML1.1で記述してみました。

もしも、この文書の表示がおかしくなる場合には、お使いのブラウザの種別や使用OSを掲示板にてご報告ください。

このページの参照回数カウンター

Copyright (C) 2001 海原玲(UMIHARA Akira)