↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ

←前へ] [次へ→


※あゆ&真琴SS
※Kanonの設定をかなり壊したアナザーストーリーです。
※登場人物の設定はかなり原作と異なつてゐます。
※祐一はあゆの身体に入つてゐて外見はあゆです。場面を想像するときはご注意ください。
※真琴は何故か男の子です。でも外見はKanonの真琴そのもので、好んで女装してます。

『朝〜、朝だよ〜』
『朝ご飯食べて学校行くよ〜』
『朝〜、朝だよ〜』
「…朝…か?」
『朝ご飯食べて学校行くよ〜』
「今日は日曜日だ…」
 カチッ!
 寒さを我慢して腕を伸ばし、目覚ましのスイッチを切る。
 文字盤をのぞき込むと7時半。
 うっかり昨日の夜も目覚ましをセットしてしまったらしい。
 外に出して冷えた手を温めるべく慌てて布団を被りなおす。
 その時手が布団の中にいる何かに当たった。
「ん?」
 この感触は…髪の毛?
 それも長髪の?
 位置関係からいって俺の髪ではあり得ない。
 寝ぼけていた俺は、なんとなくその髪の毛をグイッと引っ張ってみた。

「あぅ〜〜〜〜〜っ!!」

 いきなり大声をあげて真琴が俺の布団の中から飛びだした。
 しかもスッポンポンで。

「うわあああぁぁぁぁっ!!」



KanonSS

おかしな恋の物語

  第15話 1月10日(日)

by 海原玲(UMIHARA Akira)

「あぅ〜〜〜っ」
「泣いたって誤魔化されないぞっ。お前何で俺の布団の中にいた?」

 俺は、真琴を床に正座させて詰問する。
 ちなみに、横には、この騒ぎで起きてきたあゆの霊体もいる。
 あ、当然ながら、服はさっさと身に着けさせたからな、念のため。

「あ、あぅーっ」

 真琴は何か必死でジェスチャーをしているが、何をいいたいのかさっぱり理解できない。

(祐一君。何か書くもの渡さないと。この子お返事できないよ)
「ったく面倒だな。スケッチブックはどうした?」

 無言で壁の向こうを指差す真琴。

「部屋に置いて来ちまったのか?」

 うんっと頷く真琴。

「仕方ないな…。ちょっと待ってろ」

 俺は鞄からノートと筆記用具を取り出して真琴に手渡すと、改めて尋問を再開した。

「ほら、何で布団の中にいたのか説明しろ」
 カキカキ…
『ゆーいちをおどかそうと思ったの』

 ポカッ

「あぅーっ」
(祐一君、まこちゃんをいじめちゃ駄目だよ)
「うるさい。このくらい当然だ。嫁入り前の乙女の寝床に忍び込んだんだぞ」
(ゆ、祐一君大丈夫?)
 あゆが茫然とした顔で俺の額に手を当てる真似をする。
「何してるんだ」
(だって自分のこと乙女だなんて云いだすから)
「……」
 ぐはっ。確かに勢いで『乙女』なんて云ってしまったがよく考えると恥ずかしい台詞だったかもしれない。
「わ、悪いかっ。実際この身体はあゆの身体なんだ。立派な乙女だろうがっ」
『処女?』

 バキッ!

 ヤバ気なツッコミに俺は無言で真琴を殴る。

「あぅ〜〜〜っ」
「さりげなくヤバイ字を書くなっ!」
 たしかに“処女”と書いて“おとめ”と読ませることもあるが、この場合はそういう意味じゃない。いや、たしかにまあ、この身体は処女おとめではあるのだが…ああっ恥ずかしいこと考えさせやがってっ。

 ポカポカポカッ

「あぅあぅあぅっ」

(祐一君それ八つ当たり…)

「うるさい。照れて真っ赤になりながらポカポカ男に殴りかかる。乙女にしかなしえないわざだろうがっ」
(うぐぅ…キャラが違ってるよ)
『ぼー力はんたいなの』
「殴られたくなかったら殴られるようなことするなっ」
(ま、まこちゃん謝ろう。謝れば祐一君も許してくれるよっ)
「あぅー」
 カキカキ
『ごめんなさいなの』
(ほ、ほら祐一君。まこちゃんも反省してるみたいだし)
「本当に反省してるか?」
 俺の言葉に、真琴はコクコクとうなずいた。
 本気で反省してるのかどうか怪しいところだが、あゆの取りなしもあったので、そのくらいで許してやることにした。
 その後詳しく問いただした結果を要約すると、あのイタズラは名雪に借りた同人誌を読んでて思いついたものらしい。
 これは後で名雪の奴にも折檻が必要だな。

『予定してたすじ書きとちがうの』
「予定の筋書きってのはどうだったんだ?」
『真琴がベッドにいるのに驚いて』
「ふんふん」
『あわてふためくゆーいちに』
「ふんふん」
『「責任取って」ってせまるはずだったの』

 ポカリ

「あぅーっ」
「それは女の子がいってこそ破壊力がある台詞だっ! 男が云ってどうする」
『なゆきの本だと男の子がいってたの』
 おひ……。
「…もしかして相手も男の子か?」
『もちろんなの』
「……」

 真琴が読んだという本は…つまりそういう本かよ。

「あぅ?」

 これは教育上良くない。名雪の本は処分させる。絶対させるぞっ。
 俺は心の中でそう決意した。

(そういえば、まこちゃん筋肉痛はもういいの?)
 忘れてた。そういえばこいつ筋肉痛で苦しんでたんだよな…。
『もう、だいぶよくなったの』
 真琴は笑顔で応える。
(あ、よかった〜。心配してたんだよ)

「まあ、こんないたずらしに来るぐらいだしな」
(祐一君。いつまでもうじうじ根に持つのは男らしくないよ)
「ぐ…いいんだよ俺は女だから」
(うぐぅ…いつもは女だってこと否定するくせに)
「それはそれ、これはこれだ」
(主張が一貫してないよっ)
「気のせいだ」
(気のせいじゃないよっ)
「目の錯覚だ」
(目は関係ないよっ)
「さて、目が覚めちまったし朝食に行くか」
(あーっ、祐一君が逃げたっ)
「あぅあぅあぅ〜〜っ」

 俺は騒いでるふたりを放っといて、さっさと部屋を出た。

 ………。
 ……。



 そんなドタバタ騒ぎで始まった今日だったが、朝食を済ませたら、特にすることもない。

「暇だ」
 とても暇だった。
 それが日常であることを俺は、ときどき忘れてしまうほどだった。
 そして、ふと感謝する。
 ありがとう、と。
「えいえんは、あるよ」
(祐一君、どうしたの?)
 あゆが怪訝な顔で訊いてくる。
「いやあまりに暇なんで、おねごっこを…」

(そんなに暇ならボクたちと遊びにいかない? 折角の日曜日だし)
「ボクたち?」
(うん。今日も美汐ちゃんと遊びに行く約束したんだ。昨日だけじゃ案内しきれなかったところへ連れてってくれるって…。折角だから祐一君も一緒に行こうよ)
「今日?」
(うん)
「外へ出かけろって?」
(うんっ)
「寒いから嫌だ」
(うぐぅ)
(う〜ん。今日は、どっちかというと暖かいほうだと思うよ〜)
「これが暖かい? それは感覚がどうかしてるぞ…って、誰だっ!?」
(ふぇぇっ)

 予想もしてないあゆ以外の声に振り返ると、謎の少女がふよふよと浮いていた。

「…って何だ昨日の怨霊か。お、脅かすなっ」

(美汐、怨霊さんじゃないよ〜)

 天野はプクッとふくれて俺を睨んでる。
 なんかその表情はやけに子供っぽい。

(あ、美汐ちゃんいらっしゃい)
(えへへ〜。迎えに来たよ〜)
(ねっねっ、美汐ちゃん。祐一君も一緒に案内してもらっていいよね)
(うん。美汐は構わないよ〜)
「おいコラ、俺は行かないって云っただろ」
(えーっ。そんなこと言わないで行こうよっ)
「だから寒いから嫌だって」
(うぐぅ…)
(ゆうゆうは寒いの苦手なの?)
「何だその『ゆうゆう』ってのは」
(祐一君だから『ゆうゆう』っ♪)
(あっ、それいいねボクも可愛いと思うよ)
「出来ればその呼び方はやめてくれ…」






 結局、俺は申し出を断って一人家に残った。
 あゆの誘いを断るのはちょっと心が痛かったが、あの美汐とかいう奴と一緒にいるともの凄く疲れそうだったからな…。折角の休みなのに疲れたくない。

 何もすることがなくてボーっとテレビを見ていると、秋子さんが声をかけてきた。

「祐ちゃん、ちょっといいかしら?」
「何ですか、秋子さん」
「いえ、これから真琴を連れて出かけるんですけど。祐ちゃんはどうします?」
『お買い物に行くの』
「お買い物?」
「ええ、このコここに来たときの服しか持ってないでしょ。それで今日服を買ってあげる約束をしてたの」
「あ、そういうことですか」

 なるほど、確かにいくら突然の乱入者で居候とはいえ、着たきり雀じゃ可哀相だ。

「それで祐ちゃんはどうします? 折角だから祐ちゃんにも服を買ってあげますよ」
「いえ、服は充分ありますし」
「遠慮しなくてもいいんですよ」

 女の買い物は長くなるのが相場だし。あまり疲れたくはないのだが…。

『ゆーいちもいっしょに行くの』

 ニコニコと俺を誘う真琴。
 お前…俺のこと憎んでたんじゃなかったのか?

「そういえば名雪は連れていかないんですか」
「わたしも一緒に連れて行こうと思ったんですけど、全然起きてくれなくて…多分あの様子だと夕方まで寝てますね」

 秋子さんが困ったものだというような表情を見せる。




 結局、ふたりに押し切られる形で今日は買い物に突き合わされた。
 真琴が色々な服をとっかえひっかえ試着したりして、やたらに時間がかかっている。

『どれも、かわいいの』
「それじゃ両方買っちゃいましょうか」
『うれしいの』
「お前も少しは遠慮しろ」
「あらあら、いいんですよ」

 おまけに、いらないと主張するのに、俺にも女らしい服を買えという。
 とうとう無理矢理ワンピースを試着させられてしまった…。
 スカートっていう奴はスースーしてなんだか頼り無い。

「何だか落ちつかないので着替えていいですか」
「もう少しそのまま見せてください」
『よくにあってるの』
「うぐぅ…」

 思わずあゆの口癖が出てしまう…。

「とても可愛いですよ」
『かわいいの』

 可愛いといわれても、精神は男でありたい俺としては余り嬉しくない。

「ぐるっと回って見せてください」
「嫌ですっ」
「真琴はやってくれましたよ」
「あぅっ♪」

 真琴は秋子さんの横でくるくると回ってみせた。
 さっき買って貰った服をそのまま着ていたので、ロングスカートがふわりと広がる。
 とても女の子らしい姿で、これで実は男だというのが信じられない。

「祐ちゃんも少しは女の子らしい服を持っていた方がいいですよ」
「いやでも…」
「無理に着ろとはいいません。持ってるだけでもいいから買わせてください」
「しかしですね」
「拒否したら祐ちゃんの今日の夕ご飯は紅生姜です」
「へ?」
「お茶碗山盛りの紅生姜に紅生姜をかけて食べるんです。飲み物は紅生姜の絞り汁」
「ぐぁ…」

 これは脅迫という名の犯罪ではなかろうか…。
 そういえば昔名雪に同じ台詞で脅かされたことがあったな。そうか、この脅し方は水瀬家の伝統だったのか…。
 その後もとっかえひっかえ着せ買え人形にされて遊ばれてしまった。
 無理矢理買わされた何着かのスカート。果たして着る日が来るのだろうか…。

「うー。狡いよー」

 家に帰ったら、一人除け者にされた名雪が拗ねていた。

「知らん。いくら起こしても起きないお前が悪い」
「祐ちゃんの今日の夕ご飯はたくわん」
「やめいっ」

 ポカリ

「痛い」
「はぁっ。お前確かに秋子さんの娘だな」
「え? どういうこと?」
「言葉通りだから気にするな」
「気になるよー」
「おみやげに苺を買って来てやったからこれで機嫌を直せ」
「えっ、ホントっ?」
「ああ、なんなら、今日の名雪の夕ご飯は苺にしてやるぞ。お茶碗山盛りの苺に苺をかけて、飲み物は苺の絞り汁」
「わたし、幸せだよー」

 名雪は目をトローンとさせている。
 秋子さんから「名雪はこれを買って帰れば喜びますよ」と云われて買ってきたのだが、そんなに苺が好きなのか…。

「わたし苺があればご飯3杯はいけるよ」

 恐ろしい台詞をのたまう。





 なお、その夜、俺は名雪の有害同人誌処分作戦を実行しようとしたが、名雪に頑として拒まれ、作戦は失敗した。
 そんなにヤオイ本が大事だという感覚は俺にはサッパリ判らん。

「祐ちゃんも女として生きていくんなら、女の浪漫を理解しなきゃ駄目だよー」
「理解できなくていいっ!」

(続きます)


 ども、作者です。

「アシスタントのあゆだよつ」

 うむむ。何ヵ月ぶりの更新だらう…。読者の方々大変お待たせしまして申し訳ありません。

「ねえ、9日昼から10日朝に跳んだけど9日の夜はどうしたの?」

 少しペースをあげないとメインストーリーが進まないので夜はスキップした。
 今回日曜日の話も朝昼夜と分けずに一話で済ませた。

「今後はもつとペース上がるの?」

 いや、もう暫くは一日ずつ進めていく予定。
 まだ登場人物も全員出そろつてゐないし。

「あと誰が出るの?」

 とりあへず佐祐理さんと舞は出す。それでほぼメインキャラは全員かな。
 栞は再登場するかどうか未定。
 関係ないが今「さいとうじょう」で変換して「斉藤嬢」と出たときは驚いたぞ。

「え? 斉藤君もこの話では女の子になるの」

 ならない。なれない。なれるかつ!

「うぐう…ビックリしたよ」

 この話では多分斉藤も久瀬も出ない。出たとしても多分チョイ役。
 栞ファン、斉藤ファン、久瀬ファンの方ごめんなさい。
 ではでは、また次回お逢ひしませう。

(初出:2002/05/27 こゝ)


↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ

←前へ] [次へ→


掲示板に感想など頂けると嬉しいです→掲示板へ

Valid XHTML 1.1! この文書はテストを兼ねてXHTML1.1で記述してみました。

もしも、この文書の表示がおかしくなる場合には、お使いのブラウザの種別や使用OSを掲示板にてご報告ください。

このページの参照回数カウンター

Copyright (C) 2001 海原玲(UMIHARA Akira)