↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ←前へ] [次へ→

警告

思いっきり間隔が開いてしまいました(超汗
多分ギャグ&ほのぼのです
神奈達が壊れている危険性があります
作者の文章力の無さで言葉遣いが本編と違う危険性があります
銀河系10個分より広い心でお読みください



「ああ、神奈様・・・」

「こんなに可愛くなられて・・・」

「う、裏葉よ・・そうべたべたと触るでないっ」

「ふふふ・・・、絶対お守り通して見せますわ・・・」

「だから、苦しいぞよ〜〜〜っ!!」







おかしな親子?

道中その二 神奈様は甘えん坊?

by ジャムの瓶

「さてと、柳也様、神奈様、支度も済みましたし、そろそろ先に進む事に致しましょうか?」
「そうだな・・・、ここで長居をしていてもよい事は無いだろうからな・・・」
「余は・・・やはり、このままの姿で行かねばならぬのか?」
柳也の肩の上に乗りながら、神奈は嫌そうな感じで聞いてきた。
「諦めろ神奈、きっとこれは定めなんだ・・・、いや試練かもしれないぞ」
「うう・・・、なぜ、余が・・・こんな姿に・・・」
「ふふふ、でも可愛いですよ、神奈様・・・」
裏葉は神奈の服を直しながら、
「私はこのままの姿の方が良い感じもしてきましたわ」
何故か手をワキワキと動かしながら、どこか怪しい目で神奈を見ていた。
「裏葉、お前ちょっと怖いぞ・・・」
「ふふふ、気のせいですわ・・・柳也様」
「そ、そうか・・・なら行くぞ」
(気のせいでは無い気がするのだが・・・)
何か言いたかった柳也だったが、これ以上追求することに本能が警鐘を鳴らしたのでこれ以上は言うのをやめたのだった。

神奈は柳也の肩の上に乗り、裏葉は柳也のすぐ側にぴったりと寄り添いながら歩き始めた。
「なぁ、裏葉・・・」
「何で、ございましょう柳也様?」
「我らは・・・親子に見えるのか?」
その問い掛けに、裏葉はにこりと笑い、
「もちろんでございますわ♪」
「そうか・・、なら安心だな・・・」
自分でも、こうして歩くのは悪くないと思ったのか、柳也は安心して関の方へと向かって行った。

「大丈夫だよな・・・」
「ええ・・・」
「本当なのじゃな?」
検問の兵士のところへ行く前に、最後の打ち合わせ(?)をしていく三人。
「よし、行くぞ・・・」
打ち合わせを終え、覚悟を決めた三人は自然な足取りで関を潜ろうとした。

だが・・・、
「待てっ!! 其処の三人」
そのまま通り抜けようとした3人の前に兵士が立ちはだかった。
「む、我らは通ってはいかんと申すのか?」
不機嫌そうに言う柳也に、関の兵士は、
「通りたいのなら、幾らかの問いに答えてもらおう」
いつの間にか、3人の周りには兵士が取り囲んでいた。
(ひっ・・・)
その光景に神奈は怖くなったのか、ぎゅっと柳也にしがみ付いてしまった。
(大丈夫ですわ、神奈様・・・)
裏葉はそっと神奈に耳打ちすると、
「その問いとはどのようなもので?」
強気な表情で兵士と向き合う神奈。
「うむ、お前たちが何処から来て何処へ向かうのかを聞きたい」
「解りましたわ・・・」

(思った通りの質問ですわね・・・)
裏葉は落ち着いた口調で、
「私達は東方の村より参りました親子でございます。そしてこの子を西の方にある社までお参りに行くためにこうして旅をしているのでございます」
「ふむ、そうか・・・」
兵士は神奈を鋭い視線で見つめる・・・、
「ふむ、どうやらこの娘ではないようだ・・・」
事前に伝えられた神奈の特徴と違うせいか、兵士は特に疑いもせずに関を通す事にした。
「よし、通ってよろしい」
「ありがとうございます・・・では」
軽く一礼をして足早に関を潜り、先を急ぐ柳也達三人。
その間も、神奈は恐怖のためかぎゅっと柳也にしがみ付いていたのだった。

そして、暫く歩き、人気の無い森の中に着いた時・・・、
「ふぅ・・・どうやら上手くいったみたいだな」
「そうですわね、まさか相手も神奈様がこんなに幼くなっているとは思いもしないでしょうから」
「う〜、余は複雑だ」
神奈は柳也の肩から降りて、一息つく。
「よし、此処で一休みするか?」
「そうですね、私等はともかく、神奈様が少しお疲れのようですし」
良く見ると神奈の表情は、先ほどの緊張のためかどこか蒼ざめていた。
「もう大丈夫だぞっ、神奈」
「そ、そうか・・・」
ほっとしたのか、神奈はその場に座り込んでしまった。
「なぁ、柳也殿・・・」
「どうした? 神奈?」
「余がもし・・・だぞ、本当に柳也と裏葉の娘だったら・・・ああいう風にしてくれたのか?」
「・・・神奈」
柳也は、どう答えようかと一瞬迷ったが、
「そうだな・・・同じように守ってたな、絶対に・・・」
遠くを見ながらそう答えた柳也。
「そうか・・・」

何か言いたそうな神奈だったが、ぐっと言葉を飲み込んだ。
「大丈夫だ、神奈・・・何が有っても俺や裏葉がお前のことを守ってやるから」
不安そうにしている神奈を元気付けるように柳也はわざと大きい声で言い切った。
「そうですわ神奈様、この裏葉・・・命に代えても神奈様をお守りもうしあげますわ」
「そ、そうか・・・ありがとうな、裏葉、柳也殿」
神奈はすこし恥ずかしくなったのか立ち上がると、
「余はそこの川で水を汲んで参る、良いかっ、動くでないぞっ!」
そう言うと小走りに小川の方へと歩いていった。
「転ぶなよ、神奈」
「わ、解っておるわっ」
柳也の一言にいつもの元気で言い返す神奈。

「まったく、世話焼けるぜ・・・」
「ふふ、でも・・・神奈様も不安だったのですよ・・・」
「まぁ、解るがな・・・その気持ちは」
「前もそうでしたわ、仲の良い親子連れをどこか寂しそうに見つめていた事も有りましたし・・・」
「やはり、一人では寂しいんだろうな・・・」
「ええ・・・」
二人が神奈の事を心配そうに話していると・・・、

「きゃぁぁぁっ!?」
先程、神奈が向かって行った小川の方から悲鳴が聞こえてきた。

「どうしたっ!? 神奈ぁっ!?」
「神奈様っ!?」
大慌てで悲鳴の有った方へと急ぐ二人、

急いで駆けつけた二人が見たものは、
「ひぃ・・・」
転んだまま動けない神奈と、その神奈のすぐ側に落ちている数本の矢が・・・、
「神奈様っ、大丈夫でございますかっ!?」
「怪我は無いかっ!?」
慌てて駆け寄る二人に、神奈は震えながら、
「急に森のほうから矢が飛んできて・・・避けた時に転んでしまったのじゃ」
良く見ると、神奈の膝は転んだ時の弾みで、血が滲んでいた。
「そうか・・・くそ、この近くに賊が居るらしいな」
息を潜め、気配を伺う柳也、
「くそ、結構居やがるな・・・」
ざっと見渡しただけでも、10人は隠れている。

やがて隠れていた賊は、姿を現すと・・・
「ふん、唯の子連れか・・・、まぁ、いい命が惜しければ金品と女子供を置いて失せろっ!!」
余りに理不尽な要求に神奈は怖くなって裏葉の後に隠れる、
柳也は当然の如く、
「断るっ!!」
そういって、剣に手を掛けて戦闘準備にはいった。
(とは言ったものの、この人数・・・殺さずに乗り切れるだろうか・・・)
まずは神奈と裏葉を無事に逃がす事を最優先に考えていると・・・、

「・・・ふふふ」
「う、裏葉・・・どうした?」
ふと、後を振り返ると、裏葉が不気味に笑っていた。
「私の・・・愛しい神奈様に・・・よくも傷を・・・ふふふ」
余りにその怖さに柳也は冷や汗をかきながら、
「おい、落ち着けっ、気持ちは解るが・・・今はそれどころじゃ・・・」
何とか宥めようとするが・・・、
「柳也様・・・」
「は、はいっ!?」
余りにも重い声に思わず返事をする柳也。
「此処は・・・この裏葉にお任せを・・・」
「ぁ・・・、ああ・・・」
「神奈様をしっかりとお守り下さいませ・・・」
「わ、解った・・・」
余りの迫力に、何もいえないまま神奈の側に行き、守りを固める柳也。
(裏葉・・・今のお前は、賊より怖いぞ・・・)

「私の・・・神奈様を・・・」

「許しません事よっ!! この裏葉が天に代わり成敗してくれますわっ!!」

賊の集団に向かって、強気な事を言い放った裏葉。
(神奈様に手を出していいのは・・・この私だけなのですからねっ!!)

その怒りの表情に、柳也は冷や汗を掻きながら・・・
(まさか裏葉の奴・・・方術を暴走させる気じゃないだろうな・・・)
(どうやら・・・そのまさかみたいじゃな)

別な意味で嫌な予感(?)を感じながら、柳也と神奈は事の成り行きを見守っていたのだった。

(頼む、俺たちまで巻き込まないでね・・・なぁ、神奈)
(う、うむ・・・)


続く

道中その三へ

道中その一へ



後書きぃ
秋子さん「泣けっ!! 叫べっ!! そして・・・死ねえぇぇぇっ!!」(更に追加攻撃
い、いろいろ有って・・・間隔がちょっと延びて・・・(大汗
秋子さん「黙れぇぇぇぇっ!! 己の器を知らないからだぁ!! この腐れ作者がぁ!!」
ちびあゆ「うぐぅ・・・裏葉さん、壊れてるよぅ・・・」
ちび神奈が襲われて切れました・・・(大汗
ちびあゆ「うぐぅ・・・やっぱり、作者さんは外道だよ・・・ううん、MOG(マスターオブ外道)だよぅ」
俺がMOGなのは今に始まった事じゃないだろう・・・(大汗
秋子さん「ふん、無能が・・・で、先の話は決まってますよね? こんなに間を空けたのですから」(怒
も、もちろんだ・・・次はお約束の表と裏の二本立てだ。
ちびあゆ「やっぱり裏も書くんだね・・・、はぁ・・・」
組合せは、神奈と・・・ぐあぁぁ!?(死
秋子さん「調子に乗るんじゃ有りません!! この外道!!」(斬


《管理人からのコメント》

 ジャムの瓶さんより、ちび神奈様SSを頂きました(^^)。
 現在作者パワー不足につき感想はのちほど書かせていただきます(^^;)

 ジャムの瓶さんどうもありがたうございました〜

(ジャムの瓶さんのHPはこちら→「雪国鉄道」)


←前へ] [次へ→]
↑SS倉庫へ] [↑KanonSSへ

掲示板に感想など頂けると嬉しいです→掲示板へ
 作者のジャムの瓶さんへメール→e751@sepia.ocn.ne.jp
このページの参照回数カウンター

Story : Copyright (C) 2001 ジャムの瓶 Email: e751@sepia.ocn.ne.jp

HTML化:Copyright (C) 2001 海原玲(UMIHARA Akira)