↑SS倉庫へ] [↑第1話へ←番外編そにょ1へ] [第3章−2へ→


 「司令、本星艦隊より緊急電です!」

 出航から7時間。
 各艦長との作戦会議も終了し、通常の当直体勢に戻りかけた艦橋に香里ちゃんのよく通る声が響く。

 「何事ですか?」
 「『我敵ト遭遇セリ。至急来援ヲ乞ウ』…既に交戦状態に入っているようです!」
 「敵の規模は?それと副長、予想接敵時間を」
 「詳細は不明ですが12隻以上と言ってきています」
 「現在の速度ですと接触までおよそ4時間。最大戦速で2時間半です」
 「本星艦隊の指揮官はヒースロウ少将でしたね…?」
 「…はい」

 香里ちゃんのキーボードを叩くタンタン…という音が耳に心地よい。



 「クサイですな」

 副長の声に頷きつつわたしは思考を進めた。

 副長が言うように敵の目標はあくまでアクシズでしょう。
 フェイクか、それとも…。

 …本星艦隊は10隻。敵は12隻以上。
 味方の粘りに期待してもいいですが、敵の別働隊の所在がわからない以上各個撃破だけは避けなければ…。
 本星艦隊と我が艦隊をあわせると兵力は16隻…。

 「本星艦隊より連絡…『敵は20隻近い模様』!」
 「20隻!?」
 「どこにそれほどの数の艦艇が…」

 艦橋がどよめきに包まれる。

 敵の主力と遭遇したのでしょうか…?

 「…この位置なら敵を挟撃できます」

 20隻となると…味方がどの程度持つか…?
 どちらにしても、見過ごすことは出来ませんか…。

 「敵の囮を叩き、後顧の憂いを絶ちます。全艦第3戦速。敵の背後を襲う!」
 「艦隊司令部から連絡。『第108任務部隊は本星艦隊と合流し可急速やかに敵主力を叩かれたし』」
 「わかりました。…司令部に増援を要請してください。全艦に伝達。今から1時間休息を取るように」



Kanon 外伝

MOBILE SUIT GUNDAM 0093
Rondo of Shooting Star


第3章 第1話 天の火、再び


by 別人58号EX

 「あゆ、実戦だぞ」
 「うん。聞いたよ」

 本星艦隊が敵に遭遇したという情報が入ってから2時間。
 休息が終わり全艦が戦闘体勢に入った。

 最初「休息だ」といわれたときは驚いたが、秋子さんはよく行うそうだ。

 「あんまり力んでると疲れちゃいますからーっ」

 ということらしい。

 「…みんな、聞いて」

 という舞の言葉でブリーフィングが行われた。
 戦況はさらに変化。敵は後退しつつこちらに接近しているらしい。

 隊長の小隊と北川の小隊、それに25戦隊のジェガンが前進部隊。
 俺たちは遊撃部隊として当面は艦隊の直援。

 「敵情は、戦艦2、巡洋艦14、その他3ですっ。少なくとも1隻撃沈、2隻撃破しましたーっ」
 「味方は「クレッシー」沈没。巡洋艦2隻中破、MSは可動がおよそ70といったところです」
 「あんまり激しくないね?」
 「そうですねーっ、本星艦隊も推進剤が不足気味なようですし…」
 「クサイなぁ…」

 連中はそんなに能無しじゃない。何か他にあるはずだ。

 「祐一君、どうしたの?」
 「いや、ばったり出会ったところで怖気づいて逃げるほどスカタンじゃないだろうと思ってな」
 「やっぱりそう思う?」
 「確かに出来すぎではありますねーっ」
 「…でも、味方を見殺しには出来ない…」
 「確かに」
 「ま、さっさと片付けてアクシズに行きましょう」



 『ハロー、マコト!ハロー、マコト!』
 「真琴、起きて下さい」
 「う、ん…ぴろ?…美汐?」
 「実戦ですよ。目を覚まさないと」

 パイロット・ピットの横のほうで眠っていた真琴が『ハロ』と天野に起こされている。

 こうしてみると、母親と娘って感じだよな…。

 「潤さん」
 「何だ?」
 「あの二人、本物の親子みたいですよね」
 「私が母親だなんてそんな酷なことはないでしょう」
 「誰も天野が母親だなんて言ってないぞ…絵になってたのは事実だけどな」
 「…」



 「司令、敵影を捕捉!レッドゾーン進入までおよそ30分」
 「よし…全艦戦闘態勢!砲戦用意!!MS隊は発進準備」
 「了解!総員戦闘配置!」

 この間に、第108任務部隊(以下108TF)は後退しつつ右へ変針した敵に対し垂直方向へ移動、
 結果として敵の正面にいる地球連邦軍本星艦隊(の一部)と直交する形で敵に対峙する事になった。

 敵から見ると、正面に本星艦隊、真上に108TFが位置していることになる。


 戦闘開始から2時間でこの程度の損害で済んでいるということは…

 「司令!ヒースロウ提督から通信です」
 「繋いでください」

 通信用ディスプレイに提督の顔が現れる。

 「お久しぶりです、閣下」
 『そちらも元気そうで何よりだ』
 「早速ですが…」
 『言いたい事はわかっている…おそらくこの敵は囮だ。数で劣る我が艦隊を殲滅しようとせず拘置していることが証明している』
 「では…」
 『うむ、全面攻勢に出る。貴隊は敵の左翼を突いてもらいたい。本命が出てくる前にそちらの行動の自由を確保しよう』
 「了解しました」




 『MS隊発進!』

 「来たかっ!」

 全員が立ち上がり格納庫へと走る。

 「茜ちゃん!行ける?」
 「…あゆさん。いつでもどうぞ」

 ボクは自分の機…EWACネロのコクピットへと急ぐ。

 「…操作は覚えました?」

 アナハイムから来ているエンジニア、茜ちゃんが訊いてくる。
 この子の電子戦装置は数が多すぎてはじめて触ったときは何がなにやらわからなかった。
 茜ちゃんはそれを丁寧に教えてくれたボクの友達。って言ったってまだ2週間の付き合いなんだけど。

 「うぐぅ…自信はないよ」

 苦笑して返す。

 「…あれだけ頑張ったんですから大丈夫です。生きて帰ってきてください」

 彼女はくすっと笑うとそう言い、離れていった。



 俺は一番手前に止まっている機体…あゆの機のハッチを覗き込む。

 「あっ…祐一君」
 「よっ。何だ、そんなに緊張するな…って前にも言った気がするな」
 「ボク、緊張してる?」
 「ああ。見りゃわかる」
 「うぐぅ…」

 ヘルメットのバイザーとバイザーがこつんとぶつかる。

 「教えたとおりやれば大丈夫だ…危なくなったら呼べ。必ず助けに行くから」
 「…うんっ!」

 ……。



 あゆの機を離れ、自分のZへと急ぐ。

 「意外と早かったね?」
 「どーゆー意味かな?折原君?」
 「べっつに〜…いてっ」

 俺にどつかれた折原(こいつもAEのエンジニア)が大げさに痛がって見せた。
 こいつと俺は初対面から何故か馬が合う。

 「馬鹿野郎。お前らだって普段から散々いちゃついてるじゃないか」
 「相沢だってかなりのもんだと思うんだけどな」
 「ンなこと言ってっと秋子さんに頼んでジャム食わすぞ?」
 「じゃあ、茜に頼んでワッフル差し入れさせようか?」
 「…」
 「…」
 「機体の調子は?」
 「いつでも行けるよ…パーツが無いからな、壊すなよ?」
 「わかってる。起こすからどいてくれ」
 「気ぃつけてな!」
 「ありがとよ!」

 少し広めのコクピットに収まる。

 複座を単座に戻したためだが、実験用の機体だった事もあり内装にはつぎはぎが目立つ。
 整備の連中なんかは「フランケンシュタイン」などと呼んでいるらしい。

 既にほとんどの機体は甲板を蹴り虚空へと飛び出していた。
 グレイの機体がビームライフルとシールドを携え、カタパルトデッキへと上がる。

 「相沢祐一、Z、出る」
 『葛城、ゼータ・ツー行きます!』

 飛び去る光点を追い、2機のZが踊り出る。

 『水瀬、ゼータ・スリー、行くよ』
 『山本、行きます』

 続いて出てきた2機と編隊を組み、あゆを呼ぶ。

 「ゼータ・ワンよりセントリィ・アルファ。誘導を頼む」
 『えーっと…ここだよっ。祐一君』
 「感謝する。それとあゆ、コールサインで呼べ」
 『うぐぅ…気をつけるよ』
 「ゼータ・ワンより編隊各機。WRモードへ移行」
 「「「了解!」」」


 108TFの戦闘参入直後。




 「ねぇ…美汐?」

 戦闘宙域からやや離れた地点に私と真琴のネロはいる。
 戦術情報に素早く目を通し、敵がいない事を確認して私は後席に顔を向けた。

 「どうしたんですか?」

 真琴は身を乗り出しディスプレイ上の光点を指差す。

 「あう…これとこれ…あとこの船から声が聞こえないの」

 「…わかりました。セントリィ・ベータより「天城」。司令に繋いでください」
 『美汐ちゃん?どうしたの?』
 「そちらにデータを転送します…出ましたか?」
 『ええ』
 「黄色のマーカーをつけた艦からは声が聞こえないと真琴が言っています」
 『…この4隻ね?真琴、他の船からは聞こえるのね?』
 「あう、みんな色んな事言ってるよ」
 『わかりました。ありがとう、真琴、美汐ちゃん』
 「あうーっ、真琴、秋子のためなら何でもするわよぅ」
 「司令、後はよろしくお願いします」




 リ・ガズィ・カスタムが光渦巻く大宇宙を駆ける。

 Hi−νガンダムがライフルを2発、3発と発砲し…撃ち抜かれた敵機が一瞬の光を放ちその中へと消える。

 『…νガンダムは伊達じゃない』

 呟く舞。気圧されたのか後退する敵を見て私は味方にハッパをかけた。

 「佐祐理と舞が援護しますーっ!全機、突入!!」




 あゆの傍で待機中の俺の機体に香里から通信が入る。
 前方では光条が間断なく走り、ときおり命中の閃光が光る。

 『「天城」よりゼータ・ワン、聞こえますか?』
 「感度良好」
 『そちらの小隊で偵察をお願いします。ルートは今から転送させます』

 戦術ディスプレイに任務と飛行ルート(厳密には飛行ではないが…)の詳細が示された。

 「強行威力偵察ってわけか」
 『わたしが行こうか?』
 「いや、俺と葛城で行く。名雪達はあゆの護衛を頼む」

 敵艦隊の中心を突破、その後戦闘宙域を迂回して帰還。

 『祐一君、聞こえる?』
 「ああ」
 『作戦開始まで後3分だよっ』
 「わかった。そっちもしっかりやれよ」
 『うんっ。祐一君も気をつけてね』

 あゆのカウントダウンが響く。

 『セントリィ・アルファより各機、発動10秒前…5、4、3、2、1、作戦発動!』

 『ぶっ放せ!!』

 斎藤指揮下のFAZZ隊が、戦艦主砲並みの威力を誇るハイパーメガランチャーを発砲する。
 圧倒的な質感を持った青白い色の光の柱が敵艦隊の方へ伸びていく。

 同時に108TFの各艦艇が一斉に左に転舵。主砲を右舷へと振り向け斉射を放つ。


 「Go!Ready Go!!」

 叫ぶと同時に俺はスロットルを全速に叩き込む。

 2機のZplusは白い閃光を残し敵艦隊の中心に向け猛烈な加速を開始した。

 加速していく俺達の横を青い光が追い越していく。

 前方で何かがきらりと光る。

 『見えたっ!』
 「敵機はどうだっ!?」
 『後方は大丈夫です!』

 2分と経たないうちに敵艦隊を捉える。
 直援の敵が数機向かってくるようだ。

 「葛城は左の奴、俺は右を牽制する!軌道を外すなよ!!」
 『了解!』

 FCSでビームライフルを選択、照準を合わせる。

 …5、6、7…今だっ!

 8まで数えたところでトリガーボタンを押す。

 パァンッ…!

 軽い衝撃を残し光条が虚空へと吸い込まれていく。

 俺は機体を捻り目前に迫った別の敵機の脇をすり抜けた。
 命中の閃光が視界の片隅に映る。
 撃墜はしていないか…。




 倉田大尉の突入命令を受け突進したオレたちは、艦砲とMSによるスクリーンをなかなか突破できずにいた。

 『…し、しまっ…』

 友軍パイロットの悲鳴が空電に変わる。
 …味方にも損害が出始めたか…。

 アイスキャンディーの様な曳光弾が雨あられと飛んでくる。

 「…!?増援かっ」

 ここは一旦引くか…。

 「栞!後退するぞ」
 『はい!みなさん、ついて来て下さい!!』

 オレの意図を正確に読み取った栞が機体を翻した。
 生き残ったジェガンが栞のνを先頭に突破を図る。

 「殿を勤めるのは指揮官の務めってね」

 オレは有線ビーム砲であるインコムを放つ。

 「…行け!インコムっ!!」

 背中のランチャーから丸いインコム本体が二つ放たれ、オレの意思に従って飛んでいく。

 サイコミュによって、機械に宿る死神が栞たちの正面の敵に襲い掛かった。




 ボク達が祐一君たちを見送ってすぐ。
 機体のセンサーに反応があった。

 「敵機?」

 すぐに通信回線をつなぐ。

 「名雪さん!山本君!敵機発見…方位は5−3−2−0。5機いるよっ!」
 『…わ、ほんとだ。山本君、行くよ』
 『了解』
 「二人とも気をつけてねっ!」
 『あゆちゃんもね』
 「うんっ」

 2機のウェイブライダーがあっという間に白い点になる。

 「あ、やった?」

 ディスプレイ上の赤い点のうち二つが遠ざかる。

 手傷を負った機体が後退したのかな…?

 「うぐ?」

 二つの青い点と三つの赤い点が接近してくる

 最初星のようだったそれらが、激しいダンスを展開しながらあっという間にボクの機に迫る。

 「…よしっ…」

 ベース・ジャバーを翻し手近な隕石の陰に隠れ、ボクの唯一の武器であるビームライフルを取り出す。
 射撃モードは精密射撃。索敵モニターに目を通す。

 祐一君に教えてもらった通り、呼吸を止め…

 (今だっ!)

 トリガーボタンをぐいっと押し込む。

 ビームライフルから放たれた光が名雪さんのZの後ろに回りこもうとしたザク靴鯊え、爆散させた。

 「やった…え、なに?これっ」

 ボクの身体を違和感が襲う。
 違和感じゃない。誰かが、誰かがボクの意識の中に入ってくる!

 「うぐっ、やだぁっ!ボクの中に入ってこないでっ…」

 …見知らぬ…おじさん…?

 ギレン・ザビの演説。

 これは…おじさんの家族?

 少女の笑顔。

 頭の中を言葉にならないイメージが遠慮なしに駆け巡る。

 とっても小さな地球。

 おじさんの子供時代の学校…。

 この人は…お母さん。

 コロニーから見た星空。

 そういった言葉にならない想念が…ボクの中を通り過ぎ…雲のように散り、消えていく。

 …ねぇ、ひょっとして…

 ボクはっ…ボクはっ…!

 ガクガクと手足が震え、視界が滲む。

 …どうしよう…ボク、どうしよう…お母さん、祐一君、ボク…


 『…あゆちゃん!大丈夫!?』

 …!

 『あゆちゃん!どうしたのっ!?』

 …名雪さん!?

 ボクはコクピットの中を見回す。

 「ボク…ボク…」
 『あゆちゃん、返事をしてっ!』
 「…名雪さん…大丈夫…」
 『…敵機はとりあえず追い払ったけど…』

 深呼吸をする。頭を振る。

 『初戦果、おめでとう、だよ』

 モニターの向こうで言ってくれる名雪さんの声がやけに遠く聞こえた。




 「葛城、ついて来てるか?」
 『ちゃんと生きてますよ!』
 「グワンザンタイプか…」

 センサーが目標を捉える。
 全周モニターの一部に優美な赤いエイのような戦艦が拡大表示された。
 周囲の護衛が射撃を開始する。

 「わたたっ…」

 対空射撃を右へ左へとかわす。
 何度経験しても嫌なものは嫌だ。
 MSの装甲も強靭になったとはいえ、戦闘艦の主砲なんぞ食らおうもんなら一撃で吹き飛んでしまう。

 「有効射程に入ったら一斉射、離脱する」
 『了解!』

 推進剤の尾を引きつつ回避機動をとる敵艦に照準を合わせる。

 目標までの距離を示すディスプレイ上の数値が見る間に減っていく。
 …13000…12000…11000…。

 「よし!行けっ!」

 Zplusのビームライフルとビームカノンが青い光を吐き出す。

 3本のビームが敵艦の後部の機関区画を貫き、内部機構を粉砕した。
 別のビームの束が不幸な巡洋艦の中央部を捉え、爆散させる。

 一瞬の後、俺のZplusは火球に包まれる敵艦の脇をすり抜けた。
 コクピット内が照り返しを受け赤く染まる。

 「…!?」

 思わず息をのむ。

 戦艦のブリッジより前の部分が…文字通り空気の抜けた風船のようにしぼんでいく。

 『隊長!今の見ました!?』
 「…見た。奴ら、ダミーだ!」

 隊列を乱した艦隊の中、2機のウェイブライダーが離脱を図る。



 オペレーターの一人が顔を上げ報告する。

 「司令!ゼータ・ワンより連絡…『任務終了。目標に動きは見られず、ダミーと思われる』です」

 やはり…。

 「し、司令!」

 めったに狼狽る事の無い香里が驚きの声を上げ、ブリッジの全員が彼女を注視する。

 「フォンブラウンより緊急連絡!アクシズが…アクシズが占領されました!!」

 ブリッジが静寂に包まれた。




 GM3が放った1弾が巡洋艦の艦橋を吹き飛ばす。
 ビームサーベルが火花を散らし、メガ粒子砲の光芒が縦横に走る。

 花火のような爆発光の中に、怒り、思惟、記憶、愛する人の名が吸い込まれ、消える。



 戦闘開始から2時間。戦況は完全に連邦軍優位となった。
 半数程度にまで討ち減らされたジオン軍艦艇は隕石群を巧みに利用し執拗な抗戦を続けている。




 (第3章第2話に続く)


 皆さんこんにちは。作者の別人58号EXです。

 「こんにちは!アシスタント、船魂の榛名でっす☆よろしくねっ!」

 茜ちんが作品中に登場しましたのでこないだの番外編から新アシスタントを入れました。
 わからない人はインターネットで検索してみてね。出るかわからないけど。

 「ご主人様はあたしを某所のお絵かき掲示板で描かせた上にかっさらって来たんだよっ。極悪人だよね」

 人聞きの悪い事言うなぁっ!あるお方がリクエストを聞いてくれただけだ。

 「そろそろ本題に行く?」

 そだね。っつっても今回もあんまり書くとこないかな?
 自分で作品にフォローを入れるのは気が引けるんだけど、まこPは○×△□です。

 「…何のことだかさっぱりわかんないよ」

 全部違う漢字が入る。タネ明かしはそのうち気が向いたら。

 「考えてた設定が時間的に矛盾してたんだよね?」

 そーゆー事バラさないように。まあ、ネタは現在考えております。

 「書き方もちょっと変えたんだって?」

 神の視点を入れてみた。
 基本的に1人称で全部やってたんだけど、これくらいの規模になると俺の記述力じゃ無理だな。

 「そろそろ時間だよっ☆」

 はいはい。それでは、

 「「みなさんまた次回〜」」


↑SS倉庫へ] [↑第1話へ←番外編そにょ1へ] [第3章第2話へ→

掲示板にて感想など頂けると嬉しいです→掲示板へ
 作者の別人58号EXさんへのメールは→ betu58ex@mail.goo.ne.jp
このページの参照回数カウンター

Story : Copyright (C) 2001 別人58号EX Email: betu58ex@mail.goo.ne.jp

HTML化: Copyright (C) 2001 海原玲(UMIHARA Akira)